2015・2016年 近未来、フラットの次に流行るトレンドデザインとは



  • design20152016



design20152016
2014年12月。今年も終わりが近づいてきました。2015年の始まりが近づいてきたので2013~2014年に流行ったフラットデザインの次に流行るデザインは何か?というのを考えてみました。「フラットデザイン 次に流行る」と検索すると多くの方が予想しています。既に「カード型」「ロングシャドウ」など出ていますが。私は、もしかしたら「マテリアル」かもしれないと予想しているのです。もちろん1つのデザインが流行るとは限りません。上記3つ全て流行るかもしれません。今回はこの「マテリアル」「カード型」の特徴や流行る理由をお話します。「ロングシャドウ」はフラットデザインなので今回はスルーします。

  • マテリアルデザイン

    マテリアルデザインとは、Googleが現在多くの自社サービスに採用してきているデザインです。Android 5.0 Lollipopがリリースされ、Googleはデザインの方向性を変え、モバイル向けのGoogleMaps・YouTubeなどのアプリに対応してきています。上記動画を見て頂くとわかりやすいと思います。


    Google Material Design – Free AE Project File

    マテリアルデザインはボタンに触れるとアニメーションで色が変わり形が変わります。アニメーションがある事でユーザーはフラットには無かった新たな感覚を得ることができます。

    ✔ アニメーション
    例えば、スマートフォンを起動すると一瞬にして全ての画面が表示されます。それがマテリアルデザインの様にぬるっとアニメーションで表示されたら・・・という事です。

    未来を想像すると私は目の前に透明なモニターが表示されアニメーションのある操作感を考えてしまいます。そういった想像をGoogleGlassなどと組み合わせることで実現できるかもしれません。

    マテリアルデザインはトレンドになり未来への一歩となるのでしょうか。

    カード型デザイン

    カード型デザインとは、Google・Twitter・Facebookなど多くのIT企業が既に採用しているデザインです。名前通りカード型のデザインでカードには多くの情報(名前・画像・詳細)が載っています。名刺の様なものです。

    Ginazine

    Facebookはカード型デザインをずっと前から採用しています。

    twitter-card-gallery-example.jpg  560×581

    また、TwitterはTwitterCardsというカード型にリンクの各情報をツイートに添付する機能を持たせています。これもカード型デザインです。

    ✔ 名刺
    カード型デザインは名刺と同じと考えて問題ありません。カード型デザインは多くのIT企業が既に採用しているデザインなので未来とは言えません。それは現在のデザインです。

    未来のデザインって何か

    未来のデザインって何かって話になりますが、今まで実現しなかった。していなかったデザインだと私は思っています。そう考えると近未来、トレンドとなるデザインはマテリアルデザインでは?という結論です。でもまだ、現役でマウスやキーボードが使われてる時代なのでマテリアルデザインはコンピューターの操作性に合わないデザインかもしれませんね。

    あなたの思う未来のデザインとは何でしょうか。
    記事は以上です。長い記事を最後まで見て頂きありがとうございます。


    コメントしてね!