プログラミング技術を身に付ける事で誰でも起業できる時代になった今に重要なのは?



  • puroguramutyuu



puroguramutyuu

プログラミング技術を身に付ける事で誰でも起業できる時代になったという話だが、私は中学1年の時にプログラミングに興味を持ちある程度の技術を身に付けた。今ではアイデアや発想・創造力がありWebサービスを作っている。そして今後も私は作り続けるだろう。私のように中高生でプログラミング技術を取得し何かを作っている人は少なくない。Facebookのマックザッカーバーグもその1人だ。彼は中学時代でプログラミングに興味を持ち、高校時代に音楽プレーヤーを作った。そして大学時代にFacebookを作った。

最近は授業で水準の高いプログラミング言語であるC言語やJavaなどを必修科目として取り入れている高校が増えてきているようだが、そういう時代になった今。起業は誰でも出来るのだ。

  • コストは発生しない

    技術力を得る事で得られるメリットはコストの問題である。金が無いと起業ができないと考えている人は時代遅れ。もちろんサーバー代などに多少の金は必要不可欠だが自分自身でシステムを作る事で大幅なコストカットができる。企画してWeb制作会社に依頼すると数百万もの金が必要になるが自らがシステムを作る事で低予算で更に求めているものを自由に作る事ができるのだ。また、クラウドファンディングで資金集めができる時代にコストの心配はほぼ無いに等しい。

    技術力と創造力で挑戦できる

    上記項目で説明した通りコストの心配がほぼ無くなった現代に重要なのは技術力と創造力だろう。創造力は何かを作る際、必ずアイデアとなるわけだが、そのアイデアがある段階ならすぐに制作作業に移った方が良いだろう。プログラミング技術を身に付けることでアイデアがある限り何度も挑戦する事が可能なのだ。

    創造力の鍛え方

    創造力の鍛え方だが私が行っている事を話そう。まず「私はWebサービスを作りたい」というような明確な事を決める。なぜ決める必要があるのか?絞るのか?という意見もあるだろうが、別に絞っているわけではない。あくまでWebサービスを作るという1つのプランだからだ。

    次に、Webサービスを作るために必要な技術をある程度、身に付ける。これは最も重要だ。WebサービスならHTML・CSS・PHPなどだろう。なぜ身に付けるのかだが、アイデアというのは可能な仕組みであるからアイデアとして成立する。例えばPHPでかめはめ波を打ちたい。無理だ。これはアイデアではなくただの欲。要するに、この技術で何が出来るかというのを理解する必要があるという話だ。

    そして次に大事なのは情報だ。WebサービスならIT系の情報を多く得る必要がある。そして、大手サービス○○の欠点は何か?何が必要か?それがわかれば立派なアイデアになる。それを複数組み合わせることで新たな挑戦ができるのだ。まず1つ作って。更にプランを考えて加えてを成し遂げる事で創造力は鍛えられるのだ。

    今後に望むもの

    プログラミング技術に加えて創造力を得る・アイデアの交換ができる場が増えると更に起業家は増えITの分野は発達するだろうと私は思う。そして、この創造力・アイデアを得る場があればいいな…これも立派なアイデアである。以上


    コメントしてね!