ストレスを与えないAdsense広告の配置・貼り方テクニック!



  • adsenseakiba



adsenseakiba
ブロガーやWeb運営者の大事な収入源であるGoogleAdsenseだが位置や貼り方によってはとても見辛くストレスが溜まるわけですよ。記事の内容はクオリティが高いのにブログ全体のデザインと広告の種類や位置とのバランスが悪いと少し残念でユーザーにストレスを与えてしまう事があります。ネットサーフィンしていて広告を広告と理解してクリックする時に複雑な気持ちになるのは私だけではないと思います。そういうストレスが減るかも?と思い、色々試してわかった事を書いていこうと思います。収益アップにも繋がるので参考になれば幸いです。

  • Adsense広告は1つのページに8個まで貼れる

    ■ テキスト・イメージ広告: 3つ
    ■ リンク広告: 3つ
    ■ Adsense検索ボックス: 2つ

    Adsense広告は上記の通り、1つのページに最大8つまで貼り付ける事が可能です。広告は3つまで。と誤解している人も多いとおもいます。実は8つまで問題ないのです。ただし各広告ユニット数の制限はあるのでご注意を。

    当ブログの配置 [記事タイトル下部・記事中部・サイドバー]

    kijitopadsense

    さっそく解説していきます。まず注目してほしいのはイメージ広告をしていない事。イメージ広告だとブログ全体のデザインと合わない広告が表示されちゃうのでストレスが溜まります。フラットデザインなのにゴツゴツした広告が貼られたら嫌でしょ?なので広告はすべてテキストで貼り付けています。

    また、広告を見た人がスムーズにアクセスできるようにブログ全体のデザインと合うカラーを文字色に指定することでストレスを軽減しています。後、スムーズにアクセスしてもらわなきゃ利益が発生しないので広告配信者にも悪いですし。おすし。

    当ブログの配置 [記事下部]

    kijitoadsense2

    記事下部も同様、テキスト広告でブログ全体のデザインと合うカラーを文字色に指定しています。

    Adsense広告に意味を持たせる

    ✔ 記事タイトル下部: 記事に関連するワードを表示するリンク広告を配置。
    ✔ 記事中部: 記事に関連するサービスを表示するテキスト広告を配置。
    ✔ 記事下部: 記事に関連するサービスを表示するテキスト広告を配置。
    ✔ サイドバー: 記事に関連するサービスを表示するテキスト広告を配置。

    このように、私は広告に意味を持たせて貼り付けています。そういう考えをした方が広告を最大に活かせることができるのです。広告は貼り付けるだけじゃなく活かす事が大事です!アクセスが多いのに広告がクリックされてない・・・なんて事感じたら試してみてください。参考になれば幸いです。


    コメントしてね!