脱獄: iPhoneのiOSアップデートを間違えてしてしまい入獄状態になってしまった時の対処法 – 全てのデバイスとiOSに共通



  • iphone6gbj



iphone6gbj
iPhoneのiOSアップデートを間違えてしてしまい入獄状態になってしまった時の対処法を紹介します。なお、脱獄可能なデバイスとiOS全てに共通するので覚えておくと良いと思います。今後の脆弱性の活用方法次第で異なってくる点も可能性としてはありますが、iOS1 ~ iOS6,iOS7,iOS8の脱獄はもちろん。それ以降のiOS9やiOS10の脱獄にも共通するであろうiPhoneのiOSアップデートを間違えてしてしまい入獄状態になってしまった時の対処法というのを紹介します。

1, 現在の脱獄可能iOSバージョンと所持端末のiOSバージョンを把握する
2, 1つ前のiOSバージョンが脱獄可能な場合の対処法
3, 脱獄可能なiOSバージョンのSHSHが発行されている場合
4, 脱獄可能なiOSバージョンのSHSHが発行されていない場合

  • 現在の脱獄可能iOSバージョンと所持端末のiOSバージョンを把握する

    dekirukanajb
    現在脱獄可能なiOSバージョンを把握しましょう。”iOS(8.3 or 9 or …) + 脱獄(Jailbreak)”の様な感じで検索し、所持している端末のiOSバージョンは脱獄可能かといのを調べていきます。偽の脱獄ツールや動画を配布しているサイトもありウィルスに感染する恐れがあるので注意が必要です。

    上記サイトは信憑性も高く脱獄関連の情報を最速で発信しているので現在の脱獄可能iOSと所持端末のiOSを把握する場合はおすすめです。

    1つ前のiOSバージョンが脱獄可能な場合の対処法

    shshsiraberu
    脱獄可能なiOSバージョンのSHSHと呼ばれるiOSの認証キーが現在発行されているか確認しましょう。”iOS(脱獄可能なバージョン) + SHSH”の様な感じで検索すると、発行停止されているか、されていないかがわかると思います。

    また、上記項目と同様。上記サイトではSHSHの発行情報も発信しているので、検索しても分からない場合。心配な場合はこちらで確認しましょう。

    脱獄可能なiOSバージョンのSHSHが発行されている場合

    madajbdekiru
    脱獄可能なiOSバージョンのSHSHが発行されている場合は脱獄可能なiOSバージョンのipswファイルをダウンロードしiTunes経由でダウングレードします。ダウングレードする事で1つ前のiOSバージョンに戻り、再脱獄可能な状態になります。ipswファイルは”iOS(SHSH発行中の脱獄可能なiOSバージョン) + ipsw”の様な感じで検索するとダウンロード可能なサイトが出てきます。

    上記サイトではipswのダウンロードリンクも公開しているので、検索して見つからなかった場合、こちらのサイトから探してみると良いです。

    ダウングレード方法

    1, 復元したいiOSバージョンのipswファイルをダウンロードし用意する。
    2, iTunesを起動しデバイスを接続し復元します。Macの場合「Optionキー」でWindowsの場合「Shiftキー」を押しながら「iPhoneを復元」をクリック。
    3, 用意したipswを指定し読み込みます。後は待つだけ
    4, その後、再脱獄という流れになります。

    脱獄可能なiOSバージョンのSHSHが発行されていない場合

    jbmate
    脱獄可能なiOSバージョンのSHSHが発行されていない場合。発行終了している場合は、ダウングレードができないので再脱獄する事はできません。どれほど脱獄情報探してもできないので諦めるしかありません。対処法としては、現在所持している端末のiOSバージョンが脱獄可能になるのを待つ。というくらいしかありません。


    コメントしてね!