iPhone/iPad: バージョンを「iOS 8.3」からダウングレードする方法を紹介



  • ios8.3-downgrade



ios8.3-downgrade

AppleがiOS8.3を正式にリリースしたようです。今回はiOS8.3からiOS8.2へダウングレードする方法をご紹介したいと思います。なお、ダウングレードするメリットとしては、次期、脱獄ツールがまだリリースされていませんが、その脱獄ツールがiOS8.2に対応しているのか?それともiOS8.3に対応しているのか?というのがまだわからない状況なので、TaiGなどの脱獄ツールがリリースされるまで、iOS8.3の状態にするのではなく、iOS8.2の状態を維持して待機する事ができるという事です。TaiGがiOS8.3に対応しているという事が分かるまでiOS8.2を維持しましょう。脱獄ツールを待っていない方についてはiOS8.3では多くのバグ修正がされているのでiOS8.2にダウングレードするメリットはほぼありません。

なお、iOS8.2以下のiOS8.1.3やiOS8.1.2にはSHSHが発行停止している為、この方法ではダウングレードできません。iOS8.2のSHSHが停止された場合、iOS8.3からiOS8.2へのダウングレードもできなくなってしまいます。ご注意ください。

追記: iOS 8.2のSHSHが発行停止された為、この方法ではダウングレードできなくなりました。

  • 「iOS 8.3」からダウングレードする方法
    その前にバックアップしましょう

    backgdios

    1, 端末をPCと接続しiTunesを起動します。

    2, 端末をダウングレードする前に、「今すぐ、バックアップ」をクリックして、しっかりバックアップを取っておきます。

    ダウングレード開始

    iosdowngrade

    3, iOS8.2のipswファイルをダウンロードします。

    4, Macの方はOptionキー・Windowsの方はShiftキーを押しながら「iPhoneを復元」または、「iPadを復元」をクリックします。

    5, ipswを選択するウィンドウが表示されるので先ほど用意したiOS8.2のipswファイルを選択します。

    6, 後は待つだけでiOS8.3からダウングレードが完了します。

    注意して!

    筆記時点ではiOS8.2のSHSHが発行されているのでiOS8.3からiOS8.2にダウングレードできますが、SHSHの発行が終了している場合ダウングレードできません。また、最初に書いたとおりiOS8.2以下のiOS8.1.3やiOS8.1.2・iOS7・iOS6などの前のバージョンにはダウングレードできないので注意してください。


    コメントしてね!