iOS8.3 iOS8.4以上でアプリ内のドキュメントファイルを共有する方法 | iFunboxが使えなくても大丈夫



  • ios8.3shareapps



iOS8.3では脱獄ができない状況ですが、それと同時にiFunboxを経由してiPhone/iPadなどのアプリ内のファイルを共有できなくなりました。ドキュメント管理アプリでファイルを追加したり削除したりできないのは辛いですよね。今回はiFunboxではなくiToolsという管理ソフトを経由してファイルを共有する方法を紹介します。

追記:脱獄済みの方は以下を参考にしてください。

  • iFunboxで共有しようとすると・・・

    ios8.3shareapps2

    Connection Failed

    App Sandbox access is restricted by Apple to ones with “iTunes File Sharing” enabled since iOS 8.3. Jailbreak is required to open the sandbox of this App

    共有しようとすると「接続できねぇよ」となるわけです。というわけで違うソフトでファイルを共有します。

    iToolsというソフトで共有する

    ios8.3shareapps3

    上記リンクからDownload Nowをクリックしてダウンロードします。

    ios8.3shareapps4

    ダウンロード完了後、インストーラーを起動してインストールします。More Optionをクリックするとインストール時の設定項目が表示されます。

    Create Desktop Shotcut

    デスクトップにショートカットを作成する。

    Create Quick Launch Shotcut

    クイックランチャーにショートカットを作成する。

    Create Start Menu Shotcut

    スタートメニューにショートカットを作成する。

    基本的にデスクトップにショートカットを作成する。意外項目を外して良いと思います。

    ios8.3shareapps5

    インストールが終了すると、上記のように表示されるのでLaunchをクリックして起動します。

    ios8.3shareapps6

    起動後に端末を接続します。Applicationsタブを選択して端末のApplicationsリストを表示します。その後、ファイルを共有したいアプリの右側に表示されているFile Shareをクリックします。

    ios8.3shareapps7
    共有画面が表示されるので移動したい共有ファイルをドラッグ&ドロップするだけです。
    ファイル共有方法は以上です。

    iToolsについて

    iToolsはiOS管理ツールとして優れているのでインストールしておくと何かと便利です。iOS8.3/8.4以上でiFunboxのファイル共有機能が使用できなくてもiToolsを使えばできるよ!という記事でした。最後まで見て頂きありがとうございました。


    コメントしてね!