Windows10: Windows Update インストール後の自動再起動を無効化する方法



  • windows10updateautorebootdisable



Windows10のWindowsUpdateは自動更新でインストールされ、インストール完了後に自動敵に再起動が始まります。もしも作業中に自動的に再起動が起こると定期的にデータを保存していない場合、再起動後ゼロからやり直さなければいけません。そうなると大変です。
当記事では、WindowsUpdate更新データインストール後に起こる自動再起動を無効化する方法をご紹介します。

  • 自動再起動を無効化

    winr

    キーボードのWindowsキーRキーを押して”ファイルを指定して実行”を開きます。

    regeditwinr

    入力欄に”regedit“と入力してOKをクリックします。

    regeditainupdateautorebootdisable

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU

    上記のレジストリキーに移動します。(レジストリキーが無い場合は作成します。)

    regeditainupdateautorebootdisable2

    新規でDWORD(NoAutoRebootWithLoggedOnUsers)を作成します。値は1にします。

    その後、再起動します。再起動後にWindows10でWindowsUpdateの更新をした際に再起動を求められることが無くなります。記事は以上。


    コメントしてね!